矯正歯科検索、歯列矯正情報ならドクターぷらざ矯正歯科サーチ歯列矯正相談掲示板 ドクターぷらざ矯正歯科サーチトップ
歯列矯正相談掲示板「ドクターぷらざ矯正歯科サーチ」

現在10ページ目を表示しています。 相談掲示板トップへ
相談掲示板内検索
相談掲示板内からキーワードで検索します。

非抜歯治療から抜歯へ
2009年10月30日(金)18:02:04相談者:しろ 【神奈川県】 女性 39歳
はじめまして、
1年半前から叢生のための歯列矯正をおこなっています。
当初、インプラント矯正という方法でおこなうと、奥歯が後ろに動くから、加工された写真は口元は下がっていて、抜歯は必要ないとのことで非抜歯にて治療をつづけておりましたが、前回いったときに、もうすぐ終了するといわれましたが、最近口元が出っ張っているのが気になっています。次回先生にもご相談しようと思うのですが、一般的に、非抜歯での治療状況が予告した結果と異なる場合、途中で抜歯に変更したり、歯を削る方法に変更することは、あるのでしょうか?その場合、治療費などは一般的にどのようになるのでしょうか? 相談する前にご参考の意見をお聞かせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに私の病院の場合治療費は一括納入80万円前後で治療状況で長びいても追加料金はかからないという契約でした。

回答 Re:インプラントを使用した非抜歯治療から抜歯治療へ
2009年11月9日(月)19:10:22回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 しろさん、こんにちは!回答お待たせしました。
 治療前の仕上がりのイメージと治療後の口元の感じが異なっているようで、がっかりしているお気持ちは良く解ります。

 ぜひ、この事は早めに担当医と相談されて、必要であれば、歯を抜いて口元を後退する治療に変更してもらった方が良いでしょう。
 しろさんのように、治療開始前の予測による口元と治療後の口元の状態が異なる事は、頻繁ではありませんが起こる事があります。

 これは、インプラントの使用方法や舌の癖などの要因によるもので、なかなか計算どおりには行かない事もあります。このような場合には、担当医も初診時での医療目標よりも口元の後退量が少ない事を感じていても、なかなか抜歯しましょうとは言い出しにくいかも知れませんネ!

 この時点で、患者さんから「抜歯しても良いので口元のを後退して下さい」という申し出は、かえってありがたい事かも知れません。もし、私が担当医であれば、ちょっとホットします(笑)。

 この治療方針の変更による料金の変更ですが、その診療室と患者さんとの契約になりますので、私には何とも言えません。私の診療室の場合は、非抜歯の治療が途中で抜歯になっても、矯正装置自体を変更するわけではありませんので、追加料金などは発生しません。

 また、解らない事がありましたら、書き込みお待ちしております。


Re:非抜歯治療から抜歯へ
2009年11月10日(火)15:51:20返信者:しろ
お返事ありがとうございます。
その後、相談にうかがいました。「最初の診断で後ろに下げてそろえるはずが今は前に出ている状態」で「前歯の根元が大きくみえて、知覚過敏がひどくなっているので不安」ことなどをお伝えしました。
抜歯もできますよ、と言われましたが、あとで受付で、80万円かかると請求されてしまいました。抜歯は検討中です。

治療がどのラインで成功したのかそうでないのか具体的な基準値がわかれば返金なども請求しやすいのですが、こちらは専門知識がないので、難しいです。が、明らかに後ろに下がらず、前歯の傾斜が大きくなっているのであれば交渉の余地もあるかと思います。
また、治療の前にこのようなリスクがあることが一切伝えられていなかったことも問題だと思います。

次回は、院長とはなしますので、具体的な数字をだしてもらって対応を考えます。治療前で見られている方お悩みの方もいらっしゃるかとおもい、このような現状があるということをご報告させていただきました。

床矯正 その後 
2009年10月30日(金)15:00:58相談者:ももりんご 【神奈川県】 女性 8歳
はじめまして。 8歳の娘の母です。
床矯正を始めて1年半程たち下の装置は3つ目で 上は1装置作りました。 現在上前歯2本が永久歯で側歯が生え始めたところです。 少しがたがたになる感じはしますがスペースあります。
下は4本永久歯が生え その際に右乳犬歯が自然と抜けてしまいました。 左の乳犬歯のもうぐらぐらです。
大人の犬歯が生えてくるスペースの半分くらいしかありません。
下を早く広げすぎたのか奥歯が全体的に外側に倒れています。

またかみ合わせの際、 上も下も同じ大きさの歯列のため きちんとかみ合わせていません。
先日先生に上の急速拡大をして、下をリンガルアーチのような装置をつけて 歯を起こしましょうと言われました。

またやらなくてもいいです。とも言われ悩んでいます 私的には
どうにかですがスペースもありますので、永久歯生え変わったらワイヤーをかけて直せないかなと 浅はかな考えもあります。
どうでしょうか?
 

回答 Re:床矯正 その後 
2009年10月31日(土)15:35:07回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
ももりんごさん、はじめまして。ももりんごさんの担当の先生は、日本矯正歯科学会の認定医か専門医の資格をお持ちでしょうか?また、日本臨床矯正歯科医会のメンバーでしょうか?それぞれ日本矯正歯科学会と日本臨床矯正歯科医会のホームページで確認できますので、ぜひ一度ご確認の上、お教え下さい。


Re:床矯正 その後 
2009年10月31日(土)19:48:01返信者:匿名
早いお返事ありがとうございました。 残念ながら学会には入られていませんでした。  矯正医でもないと思います。 はじめに床矯正などの簡単な歯列以外はやらないといわれていました。 床矯正で二期が楽になりますよと言われ始めました。  金額も装置代以外はほとんど払っていません。  また他の歯医者にかかるかも検討中です。  

下の6歳臼歯はアーチに沿って生えていますが 上の6歳臼歯先日生えてきましたが、 拡大したアーチに沿ってではなく、拡大する前のアーチにそって出てきてしまいました。なのでそこだけ反対咬合です。 

まだまだ成長期で上も自然に大きくなって前より隙間が開いてきています。 どうでしょうか? よろしくお願いします。

回答 Re:床矯正 その後 
2009年11月9日(月)17:31:24回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 ももりんごさん、お返事ありがとうございます。

 結論から言うと、日本矯正歯科学会の認定医か専門医の資格を持っている「矯正歯科医」に一度診てもらってアドバイスを受けられる事をおすすめします。

 確かに、上下の歯列弓を側方拡大して、とても上手く永久歯の歯列を誘導している先生方のグループもあります。しかし、その先生方は勿論上記の矯正歯科医の資格を持っている経験豊富な先生方ばかりです。

 現在お世話になっている担当医も、なんとか低料金で上手く永久歯の歯列を誘導してあげたいとお考えになって、いろいろ勉強されていることと思いますが、ももりんごさんが書かれている「下の奥歯が全体的に外側に倒れて、上も下も同じ大きさの歯列のため、きちんとかみ合わせていません。」という書き込みから解ることは、歯列を広げたは良いが、正常が咬み合わせが壊れてしまったと言う事ですね。

 また、「上の急速拡大、下をリンガルアーチで歯を起こしましょう」と言う事ですが「やらなくてもいいです」とも言われており、これはどういう事かと、ももりんごさんが不安になるのは当然と思います。
 「やらなくても良い」という言葉の意味が、「学問的に、このままでも問題ない」という意味なのか?「自分の所ではこれ以上できない」という意味なのか?「上の急速側方拡大やリンガルアーチはあまり意味がない」という意味なのか?

 そもそも、治療とは何なのでしょうか?歯が大きく今のあごの大きさでは「歯並び」が悪くなりそうだから、あごの大きさを大きくする事が治療なのでしょうか?このあごを大きくした事によって、上下の歯が咬み合わなくなるのは、問題ないのでしょうか?
ましてや、その問題点を認識していながら「やらなくてもいい」というのは、いかがなものでしょう???

 ここからは、私の個人的な考え方です。上下の歯の「咬み合わせ」というのは、子供のあごの成長発育に、大きな影響を与えるものと思います。歯とあごという非常に固い構造物を咬む筋肉や舌の筋肉、唇や頬の筋肉の柔らかい組織で動かして、食物をかみ砕いて、飲み込むという機能を発揮させています。

 そして、この機能を行いながら骨や筋肉が成長して行くのが正常な成長です。これらの機能を度外視して、正常な成長が誘導できるのでしょうか?それも、大きな永久歯が重ならずに生え揃うというだけの目的のために、成長期の咬む機能を低下もしくは喪失させてはならないと私は考えています。

 あごに対して、歯が大き過ぎて歯並びが悪くなる場合には、あごを大きくするばかりではなく、将来的に歯を抜いて治療する事も視野におくべきではないでしょうか?
 そして、「床矯正などの簡単な歯列以外はやらない」ということは、お医者さんに、「風邪の治療はするけど、肺炎になっても治療できないし、風邪以外の病気だったら治療はしません」と言われているようなものです。

 一人の患者さんに対して、そのお子さんが全ての永久歯が出そろい、身体の成長やあごの成長が終了する高校生の段階で、しっかりとした咬み合わせと良い歯並びで、しっかりゴハンが食べられるようにするのが、我々矯正歯科医の仕事です。このためには、あらゆる場合に対応できる道具(装置)を使いこなせる事が必須です。

 極論すれば、どんな装置でも歯は動きますが、その移動が「正しい治療」になっているかどうかという点を評価してください。まして、この装置はできるが、それ以上はムリと言うのは、無責任と言わざるを得ないでしょう。

 やはり、まずは不正咬合の原因を見つけること。つまり、あごが小さいのか、歯が大き過ぎるのか?上下のあごの前後的な位置には問題がないか?左右の位置に問題はないか?また、上下方向には問題はないか?咬む機能や飲み込む機能はどうか?永久歯の歯胚(歯の芽)に問題はないか?舌を突き出したり、指しゃぶりなどの悪い癖はないか?さらに、呼吸は鼻と口のどちらで行っているか?あごの関節には問題ないか?などなど、全ての状態を評価して、この時点で何が一番必要かを判断して、治療計画を立てる必要があります。
 
 簡単な装置や安い料金に惑わせれず、しっかりとした診断と治療計画に基づいて、最後まで責任ある治療を行う矯正歯科医の担当医をお探し下さい。

 少しキツイお返事になりましたが、患者さんのために多少言いにくい事も言わなければならない時があると判断して書きました。参考になれば幸いです。

大きすぎる八重歯
2009年10月28日(水)14:25:22相談者:やすべえ 【北海道】 女性 52歳
はじめまして。
50歳の時に友人に薦められて矯正をはじめました。今更とは思ったのですが、薦めてくれた友人が矯正を終えて、とても美しい口元になっているのを見て決めました。私の八重歯は大きすぎて、口を閉じていると盛り上がり、笑うと八重歯に上唇がひっかかり、気をつけないと唇が切れてしまうほどの大きさでした。舌側矯正を始めて2年目になりますが、八重歯以外は綺麗に整っているのですが、その大きすぎる八重歯は、中々隣りの歯と並んでくれません。先生もかなり苦戦しているみたいで「この1本が問題だ・・・」とあの手この手を使って矯正して下さっています。私的には、この1本以外は綺麗に矯正されているので、これで良いとも思っています。今現在の八重歯の状態は、矯正前に比べるとかなり隣りの歯に近づいて、少しだけ盛り上って見える程度で、満足しています。それでも先生が納得するまで続けたほうがよいのでしょうか。

回答 Re:先生が納得するまで治療を続けるべきか?
2009年10月29日(木)14:57:48回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 やすべえさん、はじめまして。50歳で矯正を始められるのは「いまさら」とは思いませんよ!!私も同年代ですが、まだまだ人生これからです!

 舌側からの矯正装置を使用して、約2年の治療期間で問題の犬歯以外はキレイに並んでいるのでしたら、治療はとても順調と言えます。
 我々、矯正歯科医の方は、治療しているうちに、どんどん欲が出て来て「もっともっと」完璧を目指して頑張ってしまう事が確かに多いですネ(笑)。

 この頑張りも、患者さんによっては、時として「ありがた迷惑」であることも、充分心得ているハズですが、やっぱり頑張ってしまうんですよね!!

 もし、やすべえさんが、この犬歯の位置をちょうど良いところまで移動するよりも、装置を早期に外す事に価値を感じているのであれば、ぜひ担当医に相談してみてください。患者さんから、そのようなリクエストを出されるのは、矯正歯科医側としては嫌なことや失礼な事ではありませんので、どしどしお話しください。むしろ、黙って耐えられて「ありがた迷惑」と思われる方が辛いです。

 ここからは一般論です。ただし、新しい歯並びや咬み合わせの安定は、大人の治療の方が難しく、少し時間がかかっても完璧に仕上げた方が、また悪くなる「後もどり」の危険性は少なくなります。従って「アセル何とかはもらいが少ない」「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」の原理も多少はご理解下さい。

 もっともっと、担当医とコミニュケーションを深めて、このような掲示板に書かなくても、ご自分の治療に自身を持てるようになれば良いですね!次回の診療の際はぜひ「ホントに良くしてもらってアリガトウ!かなり満足してますよ!」から始まって、色々話してみてください。

Re:大きすぎる八重歯
2009年10月30日(金)17:55:01返信者:やすべえ
お忙しい中、ご回答ありがとうございました。
決心がつきました。担当の先生について行きます!
それから決して「ありがた迷惑」とは思っていません。
むしろ感謝しております。
ただ、とても寡黙な先生で、挨拶程度で会話は殆どしていません。今後コミュニケーションをとるように頑張ります。
※他の方の相談に比べて、なんとも単純な投稿で赤面しております。

歯を抜かず削ってスペースを作る
2009年10月28日(水)09:36:48相談者:池田恵 【滋賀県】 女性 36歳
並び自体は特に問題なく、上の前歯4本を内側に2〜3ミリ引っ込めたくて矯正始めました。歯周病もあって抜かず削ってスペースを作るのに賛成したんですが、4〜5本削って2〜3ミリ引っ込めるのが出来るのかが不安です。大金がかかるし、ある程度満足をしたいものですので、、情報少ないの分かりますがどうしたら安心できるか自分でも分かりません。

回答 Re:歯を抜かず削ってスペースを作る不安
2009年10月29日(木)14:53:12回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 池田さん、こんにちは!ご心配はごもっともですが、非常に具体的な質問なので、実際に拝見した事のない私などよりも、これは担当医にお聞きになった方が良いでしょう。少なくとも、池田さんが、治療方針や治療方法に不安を持っている事は、治療開始前に、担当医と充分話し合っておく必要があります。

 もちろん、人の体の治療ですから、絶対ということはありませんし、池田さんの治療に対する要求度と、担当医が描いている治療目標が一致しているとは限りません。
 この辺の所は、患者さんと担当ドクターの間で、充分な相互理解が必要と思います。

 ぜひ一度、担当医とじっくり話し合う時間を取られる事をお薦めします。

この矯正は正しかったのか疑問です
2009年10月22日(木)13:38:11相談者:しおり 【愛知県】 女性 30歳
今さらなのですが気になるので教えて下さい。
20歳の時に矯正をしたのですが、その時上下とも恐らく5番抜歯の上、親知らず(斜めに埋もれていました)も急がないがいずれは抜歯してくださいと言われ、抜歯しました。
ですが、私は右上6番が神経のない歯。
親知らずを残しておけばいつかの時のためにスペアが
できたのになって思いました。
あごのスペース上仕方なかったのかもしれませんが。
当時そんなようなことを言われた気もします。
あまり覚えていないのですが。そういうものかと。
矯正の先生はいい先生だと今でも思いますが、
こういうことを言ってはいけませんが、
当時30代前半の若い先生でした。
まだ若かったし、ほかにも方法があったのかなと、今はネットの時代でいろいろ情報を見てしまうので・・・。
こんな方法もあったの!?ということが多いです。
とても後悔しています。
もしこの6番が何かの理由で抜歯になった場合は7番を6番へ移動する(そうすると上の噛み合う7番がなくなってしまいますが)
よりブリッジにした方がいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

回答 Re:親知らずの抜歯は正しかったのか疑問です
2009年10月29日(木)14:50:33回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 しおりさん、こんにちは。お気持ちは良く解りますが、10年たってから後悔しても始まりません。確かに、私も上の8番が「悪さ」を働かないようなら、残すようにしていますが、10年前は抜歯していたかも知れません。

 現時点から考えなくてはならないのは、神経の治療をしている右上6番がダメになって抜かなくてはならないハメに陥らないようにすること。神経の治療をしていても、一生その奥歯を使うこともできるワケですから!

 30代の若いドクターだからと言って、舐めてはいけませんよ!なかなかの腕のある先生もたくさんいます。むしろ、しおりさん自身が「斜めに埋もれてい親知らずも急がないが、いずれは抜歯してください」と言われた時に「なぜ??」と理由を充分説明してもらって、理解した上で抜歯する必要があったのではないでしょうか?

 上の親知らずを抜歯しないでそのままにしておいたら、もしかしたら、斜めに埋もれていた親知らずのせいで、その前方の第二大臼歯の根も虫歯になって、抜歯せざるお得ない状況になっていたかも知れません。

 ご質問の「もしこの6番が何かの理由で抜歯になった場合は、7番を6番へ移動したり、ブリッジにした方がいいのでしょうか?」との事ですが、矯正治療で7番を6番へ移動する意味は、しおりさんもご指摘のように、下の7番との対合歯がなくなってしまうのであまり意味はないでしょう。むしろ、ブリッジかインプラントで補綴(ほてつ:無くなった歯を補う)するのが普通と思います。

 矯正治療だけで何でもできるワケではありません。最近では、歯の移植、親知らずからあごの骨を再生したり、「目の角膜」を作るような「再生医療」がどんどん進歩しており、矯正治療で抜歯した歯を後々まで保存しておいて、この再生医療の材料として使うような「歯の銀行」なども一部の大学病院では始められています。
 
 過去を振り返って嘆くよりも、未来を見つめて、これからどうすれば良いかをみんなで考えましょう!!


抜歯箇所に関して
2009年10月14日(水)12:18:03相談者:Kitty 【秋田県】 女性 31歳
抜歯箇所に関して相談致します。
私は右下7番を虫歯で抜歯したことがきっかけで、矯正治療を始めます。幼少期反対咬合で今回も「下顎前突」との診断でした。上の前歯2本がちょっぴり前に出ている感はありますが、見た感じは「受け口」も「出っ歯」も印象はなく、周りの人も気づきません。

抜歯に関して(右下8番は抜歯済み7番の位置へ動かす)
/特里蕕3本抜歯→どれも虫歯。上の歯を少し削る必要がある事と、今よりも上の歯が前に出てきて、気になるかもしれない。
⊂綺険5番、下左右4番の4本抜歯→1本以外は健康な歯で、親知らずは虫歯を治せば使えるので、矯正により噛み合わせに参加するようになるかもしれない。健康な歯よりは、虫歯の歯を抜きたいなぁという気持ちがあるのですが、,琉討如◆崗紊了が少し前に出てくる」状態が、どうもイメージがわかないのです。△任蓮峺元全体が下がり変化が大きい」とのことですが、現状で口元がそんなに気になるということがないので、下がったことでやつれたり、貧相に見えるのではないかと心配です。

どちらにすべきか悩んでいます。アドバイスお願い致します。

回答 Re:抜歯する箇所に関して
2009年10月27日(火)20:48:17回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 kittyさん、非常に根本的なご質問ありがとうございます。
 見た感じは「受け口」も「出っ歯」も印象はないですが、歯並びのデコボコはあるのではないでしょうか?

 歯並びが悪いという事について、少しマンガチックに考えてみましょう。今、横幅10cmの箱があったとします。この箱に幅1cmの積み木は10個キレイに入ります。では、この積み木の大きさが、1cmではなく0.8cmしかなかったとすると、積み木と積み木の間には隙間が開いてしまいますね。積み木の幅が1.2cmとすると、最後の2枚が入る隙間がなくなって、他の積み木の上に重ねて置かなくてならなくなります。

 つまり、この箱の幅があごの大きさ、積み木の幅が歯の大きさです。
 では、10cmのあごに、10本で12cmの歯を真っ直ぐにならべるには、どうしたら良いでしょう。箱の両端に積み木を置いて、そこから少しづつ積み木を浮かしながら、アーチ型の橋をかけるように積み木を並べれば、真っ直ぐに並んだように見えますね。

 この箱の底から浮いた分が、前歯が外側へ押し出され分とお考え下さい。
従って。前歯が飛び出る量は、歯の重なり具合によって異なります。もし、歯並びがかなり悪い場合には、現在「受け口」でも「出っ歯」でもない口元が、外側へ突き出した出っ歯のような感じになります。

 この口元の出っ張りをできるだけ少なくする方法としては、歯の大きさを少し小さくなるように削るか、歯の本数を減らす必要があります。

 前出の積み木と箱に例に戻ると、1.2cmの積み木10個を10cmの幅の箱にしまうには、積み木の両端を1mmづつ削ってしまえば良いワケです。これが「上の歯を少し削る必要がある」ということです。では、積み木を削らないで並べようと思えば、積み木の数を10個から8個に減らしてしまえば入りますよね。しかし、4mm隙間が余ってしまいます。
 この4mmは、必要であれば、前歯を後退する事もできるし、奥歯を前方へ移動して残ったスペースを閉鎖してしまう事もできます。
 ここまでが、「上左右5番、下左右4番の4本抜歯」の考え方の解説です。

 では、右下以外の親知らずを3本抜いた場合にはどうなるのでしょうか?
 この場合は、箱の幅が10cmの制約が外れる事を意味しますが、いったい何センチの幅にできるのかは、はっきりとは言えません。10.2cmになるのか、10.8cmになるのか、いずれにしろ、多少大きくはなりますが、数ミリとお考えいただいた方が良いと思います。従って、歯がデコボコの不足しているスペースのかなりの部分は前歯が出っ歯になると言う事です。

 まとめると、「現状で口元がそんなに気になるということがない」わけですから、親知らず3本だけの抜歯プラス歯を少し削る方法では、口元が出過ぎになってしまった仕上がりになる可能性があります。
 このため、虫歯ではありませんが小臼歯を抜歯すると、この口元の出過ぎを回避する事ができ、現在残っている虫歯の親知らずも治療すれば、今後も使用できると言うことです。

 「口元全体が下がり変化が大きい」と担当医が言っているのでしたら、担当医から見ると、現在も口元が少し出過ぎという判断があるのではないでしょうか?勿論、前歯をあまり後退しすぎると、kittyさんが心配されているように「やつれたり」「貧相に見える」また「魔法使いのおばあさん」のような印象になります。

 このように、どの歯を抜くかという事は、前歯の位置をどの位置にするかという事が最も重要な事で、虫歯か否かと言う事はその次の段階の問題になります。
 ぜひ、担当医にも、「小臼歯を抜いても、やつれたり、貧相に見えたり、魔法使いのおばあさんのような印象にはなりまえんよね!」とお聞き下さい。
 また、わからない事がありましたら、書き込みお待ちしております。


Re:抜歯箇所に関して
2009年10月29日(木)10:54:01返信者:Kitty
お忙しい中、大変わかりやすい説明をありがとうございました。
先生のご説明のおかげで、モヤモヤしていたものが
はっきりした感じがいたします!
おっしゃる通り、私は歯並びのデコボコはあり、歯磨きがうまくできずに虫歯が多いです。
また、きちんと噛み合う部分が奥歯しかありません。

あれから担当医ともメリット・デメリット等含めて色々と相談しながら、
どの歯を抜くかをじっくり悩んで考えてきました。
幸い、担当医も急かすことなく、ゆっくり悩んで考えて決めてくださいと言ってくれました。

先生の「抜く歯が虫歯か否かよりも、前歯の位置をどの位置にするかが最重要」というお言葉、
なるほどなぁと納得しました。

せっかく時間とお金をかけて歯列矯正を行うので、
仕上がりの見た目もよくなるであろう小臼歯抜歯ですすめたいと思います。

本当にありがとうございました。

前歯を削られ隙間が出来ました。
2009年10月7日(水)11:52:19相談者:さくこ 【東京都】 女性 56歳
はじめまして。
20才頃に転んで「下前歯」一本が斜めになりまし。たいした事ではないと思い今日まで来ましたが、今はかなり前に飛び出してしまい歯並びは何も問題なかった「上前歯」にも影響しそうだったので

Re:前歯を削られ隙間が出来ました。
2009年10月7日(水)12:15:53返信者:さくこ
すみません。PCの調子が悪く途中で送信されてしまいました。
2週間前に矯正を開始しました。1回目の調整日に上の前歯とその隣を何の説明もなく削られて隙間が出来てしまいました。家に帰って鏡をみてびっくりした次第です。先生から事前に歯を削る説明は一切ありませんでした。矯正でこの様な歯を削る事は当たり前の治療なのでしょうか?

回答 Re:前歯を削られ隙間が出来ました。
2009年10月12日(月)15:49:59回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 さくこさん、初めまして。歯をいきなり削られたようで、それはビックリされたと思います。何の説明もないのは私もびっくりです。通常は、歯を削る目的でなくても、歯を削る時に使用する器具を使用する際には、必ず目的と、これからしようとしていることを言いますよ!

 一般的には、下の歯のデコボコを治す際に、隙間がないと歯の移動ができないので、歯の両端のほんの少し(1mm以下)を削って、隙間を作ることがあります。これを「ストリッピング」と言います。もしかすると、このストリッピングを行ったのかもしれません。

 また、上の前歯と強く当たって、下の前歯が飛び出る原因になっているような場合には、この強く当たる部分を少しだけ削って、当たりを弱くして、下の前歯に大きな負担がかからないようにする事もあります。これを咬合調整(こうごうちょうせい)と言います。

 さらに、歯を削る道具を使いましまたが、歯を磨いただけで、できた歯の隙間は歯を移動した時にできたもの、ということかも知れません。

 さくこさんのお怒りもごもっともですが、担当医にもワケがあると思いますので、ぜひお話をしてみて下さい。必要もないのに歯を削るワケはありませんので。


Re:前歯を削られ隙間が出来ました。
2009年10月13日(火)09:38:59返信者:さくこ
ご回答ありがとうぞざいました。
歯が細くなる程の隙間、それも目立つ前歯だったので今でもショックを引きずったままです。
先生には直ぐ電話をし、歯を削るなら事前に説明してほしかった旨伝えましたが「きれいになるから心配いりませんよ!」と迷惑そうに切られてしまいました。
まだ、矯正が始まったばかりで先が思いやられますが
なんとか信頼関係を築きながら治療して行きたいと思っております。ありがとうございました。





















回答 Re:前歯を削られ隙間が出来ました。
2009年10月19日(月)19:23:33回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 お返事、ありがとうございます。さくこさんの「我慢」はとても良く解ります。しかし、あまり我慢しないで、他の先生にも診せて、相談にのってもらってはいかがでしょうか?

 現在の担当医はどのような資格を持って矯正治療を行っているか解りませんが、ぜひ別の矯正歯科医にも相談してみて下さい。相談される時には、日本矯正歯科学会の認定医か専門医の資格をもっている先生にしてください。また、日本臨床矯正歯科医科のメンバーでも良いでしょう。

 もやもやした気持ちでを押し殺して治療を進めるのは、あまり良くないと思います。
 ぜひ、すっきりとした気持ちで「私の先生はとても良い先生ですよ!」と人に言える治療を受けてください。そのためには、多少努力と手間が必要ですが、頑張ってみてください。

 また、解らない事がありましたら、書き込みお待ちしております。


永久歯の生え方
2009年10月6日(火)11:42:18相談者:きゃさりん 【岐阜県】 女性 38歳
6歳になる息子の永久歯の生え方について質問させてください。サイトを一通り拝見しましたが、専門用語も出てきて勉強不足でよくわかりませんでした。同じような質問になるかもしれません。すみません。
乳歯はとてもきれいに生えていました。ただ、下唇を噛むという気になる癖がずっとなおらずにおりました。
最近前歯に隙間ができて二本続けて抜けました。一本目はきれいに生えてきたのですが、二本目が一本目の永久歯と隣の乳歯の間に入りきらず、少し後ろから生えてきています。
まだアゴが十分に大きくなっていないのに、下唇をかんでいたために、永久歯が刺激を受けて早く生え始めてしまったのでは・・・と心配しています。まだ頭が出てきたころはそこまで重なっていると思わなかったのですが、歯が結構大きくて充分に生えてくるスペースがないように見えます。隣の乳歯も少しぐらついてはいますが、まだまだ抜けそうにありません。早めに矯正の相談に行こうと思っていますが取り急ぎこちらでご相談できればと思い、投稿させていただきました。ご回答よろしくお願いします。

回答 Re:永久歯の生え方と下唇を咬む癖
2009年10月12日(月)15:48:21回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 きゃさりんさん、こんにちは!前歯が生え換わる時期のお母さんは、本当に良くお口の中を見てますよね!!いつも感心します。固唾を呑んで、ちゃんと生え換わるかどうかを観察しているのが良く解ります。

 さて、きゃさりんさんの息子さんですが、歯が大き過ぎたり、あごが小さ過ぎるのは、この時点では手の出しようがありませんが、下唇を咬む癖はちょっと気になりますね!

 この癖のせいで、下の前歯が内側へ押し込まれたり、内側へ傾斜して、下の前歯が生えて来るスペースがさらに少なくなっている可能性があります。さらに、下唇を咬む癖によって、上の前歯も外側へ傾斜して、上の歯が出過ぎ(上顎前突)を生じることもあります。

 このように、悪い癖は今後、歯並びや咬み合わせに様々な悪い影響を与える可能性がありますので、なるべく止めるようにした方が良いと思います。簡単に止めた方が良いとは言いますが、癖は簡単には止めることはできませんし、だからこそ癖になってしまいます。

 我々矯正歯科医はこの癖の悪い影響に着目しているドクターもたくさんおり、治すノウハウも持っている先生も多いので、ぜひ一度ご相談下さい。
 また、解らない事がありましたら、ぜひ書き込みお待ちしております。


永久歯の生え方と下唇を噛むクセ
2009年10月12日(月)20:49:11返信者:きゃさりん
丁寧なご回答ありがとうございました。先生のご回答から推測するに、クセは早く直したほうがいいけど、歯のほうはしばらく様子を見てもよいということでしょうか?先週末、矯正専門の先生のところに相談に伺ったところ「すぐに矯正はしなくても良さそうですが、隣の乳歯を少し削って隙間を作ってあげて、それでも隙間が足りなければ隣の乳歯を抜きましょう」と言われたのですが、それだと永久歯が生える隙間を作るために次から次へと乳歯を抜かないとイケないのでは??という疑問がわき先生に伺ったところ、「調整をしている間にもあごが成長してきますので削ったり抜いたりする必要がなくなる場合もあります」と言われました。主人とも相談してあと2〜3件相談に伺おうということになったのですが、その場合矯正歯科学会認定医の資格がない先生のところでもよいでしょうか?都会ではないため矯正歯科の看板をあげていてもなかなか資格を持った先生がいらっしゃらないので。
ちなみに、今回ご相談に伺った先生は資格を持っていらっしゃる先生でした。もし、先生に診察していただいたとしたら息子のケースはどうされるのかお聞かせ下さい。よろしくお願いします。

回答 Re:永久歯の生え方と下唇を咬む癖
2009年10月19日(月)19:19:37回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 きゃさりんさん、早速のお返事ありがとうございます。
 前回の私の書き込みの主旨は「クセは早く直したほうがいいけど、歯のほうはしばらく様子を見てもよい」ということです。とても良くご理解いただき、ありがたいです。

 また、「隣の乳歯を少し削って隙間を作ってあげて、それでも隙間が足りなければ隣の乳歯を抜きましょう」ということは「永久歯が生える隙間を作るために次から次へと乳歯を抜かないとイケないのでは?」という「きゃさりんさん」のおっしゃっているのが正しいです。つまり、乳歯を多少削ったりしても、歯並びが悪い部分が多少変わるだけで、結局、次に生えて来る歯のスペースが無くなるだけです。
 今回、説明を受けられた先生の言い方では「あと2〜3件相談に伺おう」とお思いになるのもムリはないですね!

 しかし、日本矯正歯科学会の認定医をお持ちでない先生の診療室で矯正治療を始めるのはあまりお薦めしません。現在は認定医の上に専門医という資格があって、日本矯正歯科学会の矯正歯科認定医の資格は、矯正治療を始める際には最低限持っていなくてはならない資格と思ってください。

 多くはないですが、日本矯正歯科学会の専門医や日本臨床矯正歯科医会のメンバーが、一般歯科の先生の診療室をお借りして、月に一度だけ診療されている場合もあります。つまり、院長先生が矯正歯科医でなくても、認定医や専門医の治療が受けられることもありますので、矯正相談の前に院長先生が矯正治療をされるのか、別の先生がされるのかをお問い合わせ下さい。

 ちなみに、専門医の資格は認定医の資格をとってから、一定期間矯正専門医として矯正治療を行い、かなり厳しい資格試験を自分の治療した症例を呈示して合格する必要があります。

 都会ではなく、矯正歯科医探しも難しいという事情も良くわかりますが、お子さんもまだ小さいですから、緊急に治療を開始しなくてはならない状態ではないと思いますので、ゆっくり納得できる担当医を捜しましょう!必ずきゃさりんさんと相性の良い先生がいると思いますので。

 前記しましたが、日本矯正歯科医会とは別に、開業している矯正歯科医だけで構成されている日本臨床矯正歯科医会というのもあります。この会は日本の矯正治療の最先端を行く団体ですので、このホームページに掲載されているメンバーの診療室もぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?私もこの会の学術委員を6年ほどお手伝いさせていただいております。

 また、私は「きゃさりんさん」のお子さんを一度も診た事がないので、私の治療の方法をここで書くワケにはいかない事を御了承下さい。

Re:永久歯の生え方
2009年11月22日(日)10:36:23返信者:きゃさりん
大変わかりやすいお返事をありがとうございました。
お礼が遅くなりましてすみません。10月の末に就学児健診があり、校医の先生にも「まだ様子を見てもいいよ」とおしゃっていただいたので、しばらく様子を見ようと思います。また、問題がでてきたらご相談に伺います。ありがとうございました。



仕上がりに満足できない場合・・
2009年9月29日(火)18:26:00相談者:ゆち 【滋賀県】 女性 27歳
早速なのですが、相談させて下さい!
反対咬合(やや開咬)で八重歯、やや受け口の為、2年前に矯正を始めました。そして1ヶ月前からリテーナーに替わりました。
抜歯は親知らず4本と上下4本の、計8本ですが、上顎がうしろに引っ込み過ぎたような気がします(八重歯がなくなったからこともあるかもしれませんが)。また、下の歯は全体的に無理やり内側に倒して、上の歯とかみ合わせていますが、笑うと下の歯がかなり見えてしまって、気になって上手く笑えません。上の歯は前歯以外はほぼ見えません。内側に倒れている下の歯は奥まで見えるため、受け口が余計に目立つ気がします。
下の歯を内側に倒さず、上の歯の並びをもうすこし広げて、空いた隙間を埋めるために歯に被せ物をする、等、違う方法があったなら、そちらを選びたかったです。
かかりつけの先生に相談したところ、「下の歯が多く見えるのは骨格的な問題だから、治すのは手術しか無理。」と言われました。もともと外科手術の選択肢はなかったのですが、もっと慎重に治療法を決めれば良かったと後悔しています。
何か良い解決法はありませんでしょうか?



回答 Re:仕上がりに満足できない場合・・
2009年10月12日(月)15:43:16回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 ゆちさん、初めまして。ご質問ありがとうございます。
 これは、根本的な診断と治療方針にかかわることですね!どう答えれば良いか、考え込んでしまいました。

 最初から、「もともと外科手術の選択肢はなかった」と言うことは、どういう事でしょうか?担当医から手術の選択肢を提示されなかったという事でしょうか?それとも、ゆちさんが手術はしたくなかったということでしょうか??

書き込みでは、反対咬合で開咬、さらに上の犬歯の八重歯とありますので、上あごが小さく、下あごが大きいことによって、上の犬歯だけが八重歯になている状態であった可能性があります。つまり、反対咬合も咬み合わせが浅かった(開咬)ために、それほど重症には見えなかったかも知れませんが、実際には上下のあごの大きさが、かなりバランスの悪い「骨格性の要素」が強いものであった事が推測されます。

 反対咬合や開咬の原因が骨格自体にあったものを、歯の移動だけで治療した結果、上の前歯は外側へ、下の前歯は内側へ傾斜させて治療せざるお得なくなり、このように咬み合わせを作った結果、現在の状態になったのかも知れませんね。従って、ゆちさんも感じているように、外科手術も選択肢に入れて、治療方法を選択した方が良かったですね。

 担当医の先生がおっしゃっているように、笑う時に下の前歯が見えてしまうのは、骨格性に問題がある反対咬合の患者さんの典型的な症状です。これは、たとえ外科手術を行っても「下の歯が見えすぎ」の症状が残る場合もあります。

 ここからは、私独自の考えであり、一般的ではない事をお断りしておきます。
 この「下の前歯が見えすぎ」に対して、歯やあごの位置をおおむね正常な状態にもどしても治らない事があるということは、その原因が歯やあごばかりではなく、唇や口唇の周囲の筋肉の活動にも関連している可能性があると考えています。

 つまり、唇などの顔の筋肉をトレーニングすれば、改善できるかもしれないということになります。このための方法として、当院では犬童先生のフェイスニングを取り入れています。同じような表情筋トレーニングやスマイルトレーニングが氾濫しておりますが、犬童先生のフェイスニングは解剖学や生理学的な裏付けがしっかりしているのが特徴です。この犬童先生は「ニンテンドーDS」の「顔トレ」というソフトの監修を行っていますので、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
 また、わからないことがあれば、書き込みお待ちしております。


親知らずと矯正について。
2009年9月17日(木)16:13:49相談者:ゆう 【東京都】 女性 27歳
初めて投稿致します。先日約3年半つけていた矯正器具を外してもらい、今は取り外し可能なリテーナーを付けています。

矯正を始める前に左下の親知らずと、上の犬歯の隣の歯を左右1本ずつ、親知らず含め計3本抜歯しました。親知らずはまだ上下各1本ずつありますが、その部分は様子を見てから将来抜くかもしれないと言われていました。

しかし、矯正器具を外してから急に残っている親知らずが気になり始めました。親知らずを抜いたほうがいいのか主治医に相談しましたが、タイミングを計って様子を見ましょうと言われました。そこで心配になったので、質問なんですが、

/特里蕕困残っていると、リテーナーをつけていても後戻りする可能性高い?

▲螢董璽福爾鬚弔韻燭个りだけど、早急に親知らず抜くべき?

ズレが生じてから親知らず抜いても遅いのではないですか??

回答よろしくお願いします。

回答 Re:親知らずと矯正について。
2009年9月26日(土)23:41:09回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 ゆうさん、こんにちは! ちょっと時間はかかってしまいましたが、とりあえず、動的な矯正治療の完了おめでとうございます。これからは、ここまで頑張って手に入れた良い歯並びをできるだけ安定させるために、リテーナーを頑張ってください。

 と、担当医にも言われたと思います。それと、親知らずを残しておくと「矯正治療後に奥歯のズレを生じて、咬み合わせにまで悪い影響を与えたり、下の前歯がデコボコになる原因になることもある。」というのを、どこかで聞かれたか、読まれたのだと思います。

 それで、いままでは矯正装置でガッチリと止められていた歯が、装置を外すことで、それぞれバラバラになり不安定な感じがすることもあって、生真面目な「ゆうさん」は、とても親知らずが心配になって来たものとお察しします。

 親知らずを「抜く」・「抜かない」の判断は、残して置くと上記のような「悪さ」を働くかどうかという事です。少し目線を変えれば「親知らず」だからと言って、「悪さを働かなければ」必ずしも抜く必要はないと言う事です。
 加えて、私の場合は「治療上、どうしても必要なものは抜くが、できるだけ歯は抜かない」のが基本です。多くの矯正歯科医も同じような考えと思います。

 では、「親知らず」を抜かないで残しておくメリットを考えてみましょう。

 ゆうさんのように、犬歯の後ろの歯を抜歯しなくてはならなかった患者さんの場合には、この歯を抜歯して治療が終わるころ、矯正治療をしなかった場合には正常に出て来ることができなかった上の「親知らず」が、ほぼ正常に生えて来て、咬む事に参加することがあります。この場合は、犬歯の後ろの歯を抜いていても、矯正治療後の上の歯の本数は変わらないという結果になります。

 また、本格的にこの親知らずが、治療直後には機能しなかったにしろ、今後、上の奥歯が虫歯や歯槽膿ろうで抜歯しなくてはならなくなった時にスペアとして、抜いた歯の位置に誘導する事ができる場合もあります。

 さらに、「自家歯牙移植」という方法があり、喪失してしまった下の奥歯の位置にも「親知らず」を移植する事ができる可能性があります。また「再生医療」の発達により、近い将来、残っている親知らずから万能細胞のような細胞を取りだして目の角膜を再生したり、親知らずをスリ潰してあごの骨を再生する技術も研究されています。

 このような将来の可能性に対して、北海道医療大学や広島大学では、矯正治療を行うために抜いた犬歯の後ろの歯を「歯の銀行」と呼ばれる瞬間冷凍して長期保存して預けて置くような施設も設置され始めています。

 また、何といっても「親知らず」を抜くにも費用と時間と痛みがあり、術後の晴によって、一時的にリテーナーを使用できなくなる可能性もあります。従って、「親知らず」の抜歯のリスクも決して低いものではないと言うことです。

 確かに「親知らず」によって歯並びが崩される事がありますが、だからと言って、今すぐに「親知らず」を抜く事が、最善の手段ではありません。
 ゆうさんの担当医も、現在残っているゆうさんの「親知らず」は、今すぐ悪さを働く可能性の高い、抜く必要がある「親知らず」ではないと判断されたことと思います。勿論、今後はその可能性がないかどうか年1回くらいはレントゲン写真をとって観察して行く必要はあります。

 「親知らずは抜いとけば安心」という考えは解りますが、そればかりではない事もご理解いただけると、担当医の判断も納得できると思います。
 ぜひ、担当医からもお話を聞いてみてください。
 その上で、まだ疑問がありましたら、書き込みお待ちしております。



削除するメッセージにチェックを入れて パスワードを入力して「削除する」を押してください

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55
現在10ページ目を表示しています

Copyright (C) ドクターぷらざ矯正歯科サーチ All Rights Reserved
www.dp-kyousei.net