矯正歯科検索、歯列矯正情報ならドクターぷらざ矯正歯科サーチ歯列矯正相談掲示板 ドクターぷらざ矯正歯科サーチトップ
歯列矯正相談掲示板「ドクターぷらざ矯正歯科サーチ」

現在42ページ目を表示しています。 相談掲示板トップへ
相談掲示板内検索
相談掲示板内からキーワードで検索します。

虫歯で歯がとけてしまった
2006年10月22日(日)22:12:21相談者:Y.Y
前歯が虫歯になって大きな穴があいてしまいました。
さし歯にするにもお金がなくどうしたらいいでしょうか??

回答 Re:虫歯で歯がとけてしまった
2006年10月25日(水)15:06:39回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
こんにちは!私にはお答えしかねるご質問です。
申し訳けありません。


受け口での抜歯について
2006年10月22日(日)20:12:22相談者:うきょん
現在22歳です、受け口で悩んでます。しゃくれてると言われることがあります。
最近紹介で歯医者さんに診断してもらいましたが
今回、早く綺麗にをモットーとされ、下の両犬歯を抜くことを提案されましたが、健康な犬歯を抜くことに抵抗を感じています。それに、ネットで調べまわっているところですが、犬歯を抜くのはあまりないとか・・・。
歯並びは見た目綺麗に並んでいるので、抜くなら他の歯にできないかと思います。

小学校低学年頃、永久歯が生えてきたときすでに下の歯が出て母親に前歯を手まえに引っぱれと言われてた覚えがありますが、結局下の歯が後ろに収まらず、そのうちどんどん前へ出てきてしまった気がします。今では完全に下の前歯が前にきてます。6番という歯が上の5番と噛み合ってるとその先生に告げられました。まるごとひとつ歯の位置がずれているとのことです。

第一に顎をひっこめたい気持ちが強いので、矯正で顎がどの程度目立たなくなるのか気になってます。
矯正して目立つままだった場合と、今回矯正しなかった場合、いつか受け口を治す外科手術を受けたいのですが、そのとき抜歯しないで済むかもしれないと思ってるのですが・・・外科を受ける場合は矯正しとかない方がいいでしょうか。

そして、下の歯が全体的に内側に傾いていますが、下前歯を矯正で後ろに下げると、歯が根元から後ろに移動して歯茎が前につきでたまま残るのでしょうか?

いっぱい質問あってすいません、
不安なことだらけなのでぜひヒントをいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

回答 Re:受け口での抜歯について
2006年10月25日(水)15:00:57回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 うきょんさん、こんにちは!骨格性下顎前突の外科矯正治療についてのご質問ありがとうございます。
 うきょんさんのような、咬み合わせの逆な方を大きく2つに分けると
1.骨格性の反対咬合
2.歯性の反対咬合
 に分けられます。
 単純に考えると咬み合わせが逆になってしまった原因が上のあごが引っ込んでいたり、下あごが大きすぎたりするのが「骨格性」。
 上下のあごの位置には問題ないが、上の歯が内側へ入ってしまったり、下の歯が外側へ飛び出たりするのが「歯性」です。

 このそれぞれの症例に対する治療の方法は、「骨格性」の場合は上のあご自体を前に引き出したり、下あご自体を引っ込める事が必要です。
 しかし、「歯性」の場合には、あごの位置はそのままで、上の歯を外側へ移動したり、下の歯を内側へ引っ込めると治るわけです。

 うきょんさんの場合は「しゃくれてる」のが最も気になるという事なので、99%骨格性の反対咬合と思います。従って、うきょんさんの治療は、下あごを引っ込めたり、上あごを前方移動しないと「あごのしゃくれ」は治らないと言うことです。
 つまり、「早く綺麗にをモットーとされ、下の両犬歯を抜く」治療では、うきょんさんの最も気になっている「しゃくれ」はなおりませんので、ご注意下さい。

 やはり、「いつか受け口を治す外科手術を受けたい」とご自身でも感じていらっしゃるように、外科手術が必要です。
 ここで、注意が必要なのは、歯の移動を行う「歯性の矯正治療」を行ってから、「外科手術」というのは不可能です。
 これは、上下の前歯の移動方向がまったく逆だからです。
 矯正治療で前歯の咬み合わせを改善しようとすると、当然ですが下の前歯は内側へ、上の前歯は外側へ傾斜させる事になります。
 しかし、先ほど書いた「骨格性」の反対咬合の患者さんの前歯は、治療する前からすでに、下の前歯は内側へ、上の前歯は外側へ傾斜してしまっています。これにより、顎の位置がかなり(10mm以上)ずれている場合で、下あごはしゃくれていても、下の前歯だけがひどく飛び出ている患者さんはおりません。仮に上下の歯の傾斜をこのままで、下あごを引っ込めても、ほんの少ししか移動できません。従って、「骨格性」の場合には、外科手術を行う前に、上の歯を内側へ、下の歯は外側へ移動する「手術前矯正治療」を行う必要があります!!

 ちょっと込みって話になって、申し訳けありません。
 簡単に言うと、最初から「外科矯正治療」を受けられた方が良いです。
 ぜひ、お近くの矯正歯科医にご相談下さい。




タイトルなし
2006年10月21日(土)23:01:19相談者:はな
現在28歳、女性です。矯正治療を始めて丸3年になります。3ヶ月ほど前から顎関節症の症状(口をあけた時にカクっと大きな音が鳴り、痛みが出る)が悪化し、矯正の方は一時治療を中断し、スプリントによる顎関節症の治療を行っています。スプリントの効果があって顎関節症の症状はほぼ出なくなりましたが、今後の治療について迷っています。
現在の状態は、歯列はほぼ並んできたのですが、上下の噛み合わせが合っていません。左右とも奥歯2本のみで噛んでいる状態で前歯はほとんど噛んでいません。前歯は上の歯が下の歯にかぶさっているような感じです。
今回の顎関節症は上下の噛み合わせを合わそうとしてでてきたので、以前のようにゴムを上下の歯にかけて移動させるのではなく、左右の奥歯8本をすべて「かぶせ」にして高さを出し、噛み合わせを合わせていこうと医師から話がありました。
「かぶせ」は1本12万円、8本で96万円だそうです。
現在までの矯正治療費もあり、金銭的にはかなり厳しいです。また矯正専門医と顎関節症の担当医が違うこともあり、毎回聞く話が微妙に違っていて不安になってきました。矯正治療中にこのようなことはよくあるのでしょうか?そしてかぶせをするのが最善の方法なのでしょうか?
長々とわかりにくい文章になってしまって申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

回答 Re:顎関節症と矯正治療
2006年10月25日(水)14:57:56回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 はなさん、初めまして。顎関節症のご質問ありがとうございます。
 かなり、苦労されているようで、お察しします。
 結論から言うと、顎関節の症状が出て、まだ3ヶ月と日も浅いので、ゆっくり考える時間をとった方が良いのではないでしょうか?これまでの、顎関節に対する治療でかなり辛い症状が緩和されたのですから、これからの仕上げは、被せる先生と矯正の先生の話をじっくり聞いてお決めになっても大丈夫です。
 顎関節症は数十年単位で推移すると言われています。
 焦らないで、じっくり取り組む事が重要です。

 また、矯正の先生も矯正治療前の状態を一番良くご存知なので、良く話を聞いてみてはいかがでしょうか?矯正治療中の顎関節の痛みが出現すると、あたかも矯正治療が原因のように考えがちですが、どうすれば痛くなるのか?また、あごをどこの位置にすれば痛くなくなるのかを一番学習するのも矯正医です。咬み合わせはバランスがキーワードになりますので、できる所まで矯正治療を行って、最後に歯に被せる(補綴処置:ほてつしょち)を行うというのが、通常の解決方法です。
 また、私で良ければアドバイスしますので、書き込みお待ちしております。


リテーナについて
2006年10月20日(金)19:29:26相談者:匿名
母親です。よろしくお願いします。
息子は18歳です。15歳から矯正をはじめ今年3月からリテーナになり、今、イギリスに1年間の留学中です。リテーナにヒビが入り壊れそうなので担当医に相談したら型がないので作れないとのことでした。
リテーナを送ってもらい直して送り返すことはできるそうです。しかし、息子はしばらくはずすのは戻りが心配だし少しきつくもなってもきた、とのこです。
イギリスで型をとって送ってもらえばいいそうですがそんなことはできるのでしょうか。

回答 Re:リテーナの再製作について
2006年10月20日(金)20:57:24回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 緊急性がありそうなので、先にお答えします。
 イギリスで私のような人の良い歯科医を探して下さい。(爆笑!!)
 別に矯正歯科医でなくてもかまいません。
 歯の模型さえあれば、リテーナーの再製作は可能です。
 
 後は息子さんの、英語力と人柄次第ですね!「とても困っているので、なんとか型をとって模型を作ってもらえないか」友達のお父さんにでも歯科医がいたらお願いしてみて下さい。これが、一番の近道かもしれませんね!
 明日から、あたって砕けても、へこまずに「人の良い歯医者探し」に挑戦して下さい。
 私の診療室にイギリス人の留学生が、同じ事を言って来たら、多分そうすると思いますよ!!意外にイギリスにもいい人がたくさんいるかも??
 結果のご報告お待ちしてます。


結婚(妊娠)と矯正
2006年10月20日(金)11:21:57相談者:グリーンティ
現在32歳の女性です。親知らずが生えてから上右側の犬歯が出てきて、それに伴い、上下右側だけ歯列が乱れてきました。以前より、上の歯の正中が左に何ミリかズレてきています。笑った時に右の犬歯が出て、牙みたいになるのが嫌大口開けて笑った写真がありません。とてもコンプレックスです。この悩みを抱えて早数年。実は3年位前にとある歯医者で歯形の石膏もとって、セラミックブラケットのみ装着まで行ったのですが、途中色々あってやめてしまいました・・。しかし、また再び矯正したい気持ちが増しています。
私は来年1月に結婚します。年齢的にも早く子供を授かりたいので、結婚と同時に子作り予定です。その時期に矯正もしたいと考えているのですが、実際大丈夫なのか不安です。レントゲンを撮るなら、妊娠前の方がいいだろうという事、また、妊娠中は好き嫌い無く何でも食べなければいけないと思うと、矯正により食事制限が出来るのではないか、何よりも、矯正する事で(麻酔や薬品とか?)胎児に影響はあるのだろうかと、考えればキリがありません。
どうか専門的なご意見をお願いします。

回答 Re:結婚(妊娠)と矯正
2006年10月20日(金)21:10:51回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 グリーンティさん、始めまして!!
 私が書く事がないくらい、良くご存知のようですね!!
 矯正する事で(麻酔や薬品とか?)胎児への影響をご心配されているようですが、ご存知のように、矯正治療は麻酔や薬品はほとんど使いませんのでご心配なく。
 ご自身でお書きになっているように、レントゲン写真の撮影と装置装着後の痛みによってあまり何でもは食べられない時期がある事くらいです。
 グリーンティさんの場合は、石橋を叩いても渡らないタイプでしょうか?
 考えるとどんどん気が重くなって行くのではないでしょうか?

 矯正治療は、大人の場合は今すぐに行わなくても、どんどんひどくなったりはしません。もし、気が重いのであれば、結婚されてお子さんが生まれて、そのお子様が矯正治療が必要になった時に、お子さんと一緒に矯正治療するものも、なかかか良いものです。
 あまり思い詰めないで下さい。矯正治療はあなたから決して逃げて行きませんから!!いつか、必ずチャンスがやってきます。それまでしばらく、待つというのも悪くない選択ですよ。



Re:結婚(妊娠)と矯正
2006年10月25日(水)10:04:49返信者:グリーンティ
小笠原先生、お忙しいところご返答ありがとうございます。
先生がおっしゃる通り、矯正治療は逃げないので、よく考えて実行したいと思います
丁寧なご返答、誠に感謝致します!

これでおしまい
2006年10月14日(土)02:43:20相談者:ゆかり
はじめまして。現在30才で3年前から矯正治療を始めました。先月、月1回の調整に行った際に先生のほうからだいたいこんなもんだと言われました。今の歯の状態は、見た目ではすぐに分かりませんが、奥歯が右も噛んでいないし特に左側の方が前後的な関係がずれているし、あと上下の前後的なギャップがあって前が噛みあっていない。最後、正中線が思いっきりずれている。それなのに、普通装置を外すのでしょうか?3年間、通って・・・。しかもそのことを担当の先生に質問すると、なんと「いちいち、文句つけてくるなら他の治療院に行け」といわれました。もうかなりのショックです。一度矯正した歯をもう一度やり直すことは可能なんでしょうか?将来抜け落ちる心配はないんでしょうか?あと、その歯医者に今まで通った費用と慰謝料って請求できるもんなのでしょうか?

回答 Re:これでおしまい
2006年10月20日(金)20:40:40回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 ゆかりさん、初めまして!!お返事が遅くなってごめんなさい。
「いちいち、文句つけてくるなら他の治療院に行け」といわれたのは、本当にショックですよね!!そんな事言える先生がまだ存在しているのだという事は、とてもびっくりです。昔の歯医者の先生は「治して上げるから来なさい」とか「どこが気にいらないか言って見なさい」とか、患者さんに対して一段上からものを言ったものですが、天然記念物のような先生ですね!!
 「他の治療院へ行け」と言ってくれているのですから、行ったらいかがでしょうか?
 慰謝料と言うと裁判になってしまいますので、これまで払った治療費の返還はお願いしてみて良いのではないでしょうか??

 ただし、矯正治療の本質は治療前の状態から現在の状態までの変化量です。
 もちろん、全ての歯が均等に咬んでいて、左右対称で、正中もぴったり合っている事を目標に治療を行いますが、あごの骨の形が最初から非対称だったり、舌の癖などのためになかなかぴったりとは咬ませられない場合もあります。別に手を抜いたり、いい加減な治療をしているわけではないのですが、その患者さんによって「このへんが丁度良いとこらかな??」という「落とし所」がある事もご理解下さい。まったく新しい部品を組み立てるプラモデルのようには行かないのです。その患者さんが最初から持っている、あごと歯と筋肉を使って、それぞれの素材をどこに配置すれば、最も効率よく咬む事ができるかというのが矯正治療です。

 最後に、再治療は可能です。再治療を行ったからと言って歯が抜けてしまうような事はありません。このまま、現在の担当医にかかるのは、ゆかりさんにとっても、担当医にとってもあまり幸せなことではないような気がしますので、お近くの矯正専門で開業している矯正歯科医に相談してみて下さい。もう少し具体的な話が聞けると思います。できれば、複数の先生に意見を聞いてみたらいかがでしょう。またご質問ありましたら、書き込みお待ちしております。


矯正中の12歳、親知らず抜歯につぃて
2006年10月13日(金)23:12:52相談者:匿名
矯正中の子供のことでご相談申し上げます。海外在住者です。12歳の男子、1年半前から矯正を始め、綺麗な歯並びになってきました。先日お医者様から「レントゲンを見ると親知らずがあるので、ブレスを取る前に抜歯する必要がある」と言われました。目安とすればあと半年くらい先。とのことでしたがまだ12歳。親知らずは確かに写っていますが、歯茎のずっと中にあり、抜歯の際は深く切開して取り出さなければならないようです。日本でもこんな年頃で親知らずを抜歯するのでしょうか。私も友人から数々の「親知らず抜歯の恐怖体験」を聞いており、大変心配です。私自身は20代後半、恐怖に慄きながら行った歯科医で「抜歯は脱臼と同じ。押す角度と場所を間違えなければ一瞬」と自信を持っておっしゃった名歯科医のおかげで、本当に一瞬で抜いていただいた良い経験があります。もし子供が本当に半年後に抜歯しなければならないなら、春休みか夏休み、日本に一時帰国したときにその「名歯科医」のところに行ってみようかとも思っているのですが、12歳での親知らず抜歯は本当に必要でしょうか。もう少し待ってもいいでしょうか。それとも今抜いておいたほうが簡単なんでしょうか。お忙しい毎日をお送りのこととは思いますが、どうか宜しくお願いいたします。

回答 Re:矯正中の12歳、親知らず抜歯につぃて
2006年10月20日(金)20:13:20回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 こんにちは!お答えが遅くなって申し訳けありません。
 親知らずの抜歯時期についてのご質問ありがとうございます。
 まだ、12歳ですが、すでに第二大臼歯は生えているのでしょうか?

 確かに、その先生が言われているように、特に歯を抜いたりしないで治療した場合には、顎の後方部でのスペースが足りなくなって、親知らずが前方へ向かって倒れしまう事があります。たとえ矯正治療を行っていない患者さんでも、歯が大きすぎて後方部で隙間が足りなくなると同じような事が起きてきまいます。これらは特に下あごで問題を生じる事が多く、この親知らずが顎の骨の中でどんどん根ができ始めると、下の奥歯を前方へ押し出してしまうため、せっかく治療した下の前歯の歯並びがまた悪くなる原因になる場合があります。
 このため、現在の担当の先生はこの段階で親知らずの抜歯を勧めているのだと思います。現在12歳であれば、親知らずはまだ「歯杯」と呼ばれる「歯の芽」の段階で、歯茎の上に出る歯冠と呼ばれる部分がやっとレントゲン写真に映る程度です。実際には下あごの骨の中で、ブドウの一粒の中に歯の形をした薄い貝殻状のものがプカプカ浮いているような状態です。
 親知らずを抜く時に大変苦労されたのは、私もその一人ですので良く解ります。
 しかし、このように現在の息子さんの親知らずの状態はまだ歯と言えるような形には育っていませんので、口腔外科の先生に言わせるとチュっと切って、ツルンとだして、パッと終わるような手術のようです。確かに親知らずの芽がある位置に到達するのは大変そうですが、大人の親知らずを抜くのとは全然違うようです。

 従って、この時期に親知らずの摘出を行っておいた方が良いと考えている先生も意外に多くいらっしゃいます。しかし、患者さんにすれば、まだ何も起こっていない訳ですから、そんな手術を予防的に行う事が、なかなか納得できないと思います。
 私の場合は小学生のうちはまだ親知らずの摘出は行いません。将来はその必要のある事はお話しておきますが。親知らずの根ができ始め、その歯の方向が確定してから、必要のあるのもは迷わず抜歯します。その頃には、患者さんも親知らずの発育をレントゲン写真上で解っていますから、ほとんどの方が賛同していただけます。
 親知らずの抜歯には、このような過程を経て初めて納得していただけるのではないでしょうか??
 


丁寧なアドバイスありがとうございました。
2006年10月26日(木)11:52:38返信者:匿名
小笠原先生
お忙しい中、丁寧なアドバイス本当にありがとうございます。何となくホッといたしました。ご指摘のようにレントゲン写真に写った子供の親知らずはまだ根もなく、お饅頭のような丸い形をしていました。「チュっと切って、ツルンとだして、パッと終わる」なら今やってしまった方が良いかなという気もします。こちらの歯科医に相談しても「大丈夫、心配ない!」と言うのですが、医療に限らず何事も「大丈夫、心配ない」のお国柄で、何事ものんびりあっけらかんとしているので、少々心配になり、厚かましいご相談と思ったのですが、メールさせていただきました。アドバイス、本当にありがとうございました。心からお礼申し上げます。

矯正での抜歯について
2006年10月13日(金)21:41:51相談者:石原
私は今上下の歯に矯正をしているんですが
今度、抜歯をしなければならなくなりました。
というのも、小さい頃にも上の歯を矯正していたのですが
犬歯の上から歯が生えてきてしまい、犬歯の一つ奥の歯を抜いて矯正しました。
その時に上の歯を二本抜いたので下の歯と本数が合いません。
なので今回、下の歯も二本抜いて矯正をするという話だったのですが
4ヶ月くらい抜かずに矯正をしていたら担当医師が
「このままだったら一本でも平気そうだよ。」
と言い犬歯の一個前の、内側に曲がってる歯を抜く事になりました。
本数を揃えなくて大丈夫なのかと聞いたのですが
多少、中心線はずれるけど噛み合わせには問題ないから大丈夫と言う事らしいです。
二本抜くより時間が掛からないし、医師がそういうので
大丈夫なんだろうとOKしましたが、やっぱり不安です。
他の医師さんの意見も聞きたかったので相談させて下さい。

回答 Re:矯正での抜歯について
2006年10月16日(月)12:31:01回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 石原さん、初めまして。抜歯の本数と部位についてのご質問ありがとうございます。
 結論から言うと、石原さんの担当医が矯正を専門とする矯正歯科医であれば、まず間違いないのではないでしょうか?以前の治療でも、上だけの抜歯で済んでいるので、下の歯並びもそれほど悪くなく、前歯の後退の必要もあまり大きくはないのかも知れません。
 「これは抜歯かな?」と思っても、「直ぐ抜かないでちょっとヤッテ見ましょう」ということは、私も時々あります。我々矯正歯科医もできるだけ、歯は抜きたくないのです。
本当に抜かないとうまく咬み合わせが作れないのか??抜いてどのくらいのメリットがあるのか?抜かなかった場合その程度のデメリットがあるのか??ということは、常に頭にあって歯の移動を見ているのが我々です。
 きっと、下の歯を2本を抜くほどのメッリトはないと判断されたのでしょう。下のあご自体も抜歯する歯の部位とは反対側へ少しズレているのかも知れません。
 ここでは、お口の中の状況が把握しずらいので、できればお近くの矯正歯科医にも見てもらった方が良いのではないでしょうか?



Re:矯正での抜歯について
2006年10月16日(月)21:41:15返信者:石原
御回答ありがとうございます!
私が受けているのは矯正の専門医なので信頼はしていますが
奇数抜歯というのが、どうにも不安でした。
でもそういう場合もあるんですね。安心しました。
その先生もできるだけ歯は抜きたくないって言ってました。
今度もう一回詳しく話を聞いてきます!
御回答本当にありがとうございました!

歯のぷラークについて
2006年10月9日(月)06:08:00相談者:瀬名
私はもう3年矯正してるんですが、約1年前から前歯2つに白い粘りけのあるものと唾液がよくたまります。通ってる歯医者の先生はちゃんとハミガミすれば治るよとか矯正してるからしょうがないよとか言いますが、全然よくなりません。口呼吸が原因だとも言われましたが、最近は結構気を付けてる方です。すぐに治せる方法ないでしょうか?口を開けるのが恥ずかしくて話せません。後、はるべく早く鼻呼吸になれる方法があったら教えて下さい。

回答 Re:歯のぷラークについて
2006年10月13日(金)19:41:09回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 瀬名さん、プラークのご質問ありがとうございます。
 プラークとは、歯垢といわれるもので、口の中に住んでいる細菌が口の中の栄養分を吸収分解してネバネバの排泄物を分泌します。これが、プラークと呼ばれるものです。
 最近、歯垢を分解するというものもテレビコマーシャルで流されていますが、効率的に見ると歯ブラシで機械的にかき落とすのが一番です。
 従って、瀬名さんが気にされているのであれば、いつも歯ブラシと鏡を持ち歩いて、休憩時間に歯を磨くようにすれば、プラークの溜まる間もありません。ぜひ、これを試してみて下さい。プラークは人によりますが、細菌の分泌物ですから 10分や一時間で溜まるものではありません。食事の後に必ず磨くようにすれば、あっと言う間に、また着いてしまうようなものではありませんよ!
 もう一つ考えられる事は、磨いた時に歯磨き剤を大量に使うために、ご自分が磨いたと思っていても、実は十分にプラークが取り切れていない場合があります。この場合の問題の解決は簡単です。ご自分で歯を磨いた後に、もう一度、歯磨剤をつけないで歯ブラシだけで鏡を見ながら仕上げ磨きを行ってください。特に気になっている上の前歯を中心に磨きましょう。これをやる事で、プラーくはほとんど着かない状態で生活できるでしょう。

 口呼吸は鼻の空気の通りが悪いために、口で呼吸する場合と、鼻でも呼吸できるのに、癖で口で呼吸してしまう場合があります。大人の方のほとんどは、鼻でも呼吸できるのに口で呼吸しまう「癖」によるものです。この癖は、ご自分で注意することで、かなり改善されます。
 暇な時に、しっかりと唇を閉じて鼻で息をする練習をしてみて下さい。
 口で呼吸しければならないほど苦しくなる事はないと思います。
 これが自覚できたら、今度は口を閉じて鼻で息をしていられる時間を計ってみましょう。最初は5分間、徐々にのばして10分できるようになったら、次はお風呂に入っている間とか、通勤の間とか、徐々に目標を長くして行きましょう。そうすると、自然に鼻で呼吸する癖がついて来るはずです。悪い癖を治すと思わずに、新しい癖をつけるようにした方が、気楽にうまく行きます。ぜひ試してみて下さい。
 また、書き込みお待ちしてますネ。


前歯(上)の移動が気になります
2006年10月9日(月)01:41:31相談者:なお
私は、前歯(上)が出ていた為に、25歳の時から、約2年半の矯正治療をし(ちなみに上の歯を2本抜歯しました。)3年程前に治療が終了し、現在は就寝時のみリテーナを装着しています。
リテーナは必ず毎日装着しているのですが(現在でも始めた当時のままリテーナは歯にしっかり合っています。)
 しかし、前歯(上)が最近歯茎とともに前に少し出てきたようで、最近では下唇に前歯が若干当たって圧迫感を感じています。リテーナを必ず就寝時装着し、歯に現在でも合っている場合でも歯が前に移動するのはなぜなのですか?
そして、前歯の前への移動が気になるにつれて、上歯茎の奥の方に骨のような硬い出っ張りもどんどん前に出てきたようで、内側から鼻に圧迫感を感じていて鼻も少しづつ上に向いてきたようなのです。
 このように前歯の移動で鼻の骨が圧迫し鼻が上をむいてくるという事はありうるのでしょうか?とても不安で悩んでいます。
 そして、再度以前と同じ矯正歯科で診てもらう場合その当時の診断内容は何年間保管されているのですか?
長々とてもわかりにくい文章になって申し訳ありません。どうぞ宜しくお願いします。
 

Re:前歯(上)の移動が気になります
2006年10月11日(水)06:56:51返信者:横からすみません・・。
私も同じ内容で悩んでいます。1年半前にリテーナーに切り替わり、今も食事以外、殆ど装着しているにも関わらず、上の前歯が前に出てきて唇にあたる様になってきました。どうしてでしょうか??又、今までお世話になっていました掛かりつけの歯科医に相談したとすれば、どのように対応してくださるのか・・一般的な対応として知っておきたいです。因みに現在海外在住でして、後1年間は日本に戻れません。重ねて質問させていただきました。宜しくお願い致します。

回答 Re:前歯(上)の移動が気になります
2006年10月13日(金)19:06:35回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 なおさん、横からさん、はじめまして。上顎前突治療の後の後戻りについてのご質問ありがとうございます。
 まず、治療の記録ですが、矯正歯科専門で開業されている場合には、かなり長い期間保存しているはずです。ぜひ、治療された先生にもう一度みもらって、どの部分がどのくらい悪くなったのか、検査してもらっ下さい。横からさんも、帰国してからで良いので、一度担当医に見せてください。
 治療前の状態で上の前歯の突出が大きかったり、咬み合わせが深い場合には、装置を外した後、リテーナーを使用していても、徐々に上の歯が伸び出して来る事はよく経験します。これは、矯正治療を行った患者さんの全てに言えることです。矯正治療終了後数年と治療終了時を比べると、どうしても多少の後戻りはあります。このような悪い術後変化である「後戻り」をさせないように、咬み合わせをしっかりしたり、前歯の咬み合わせをわざと先端にしたり工夫しています。
 「少しあと戻りして、ちょうど良い」程度に仕上げるのが理想的ですが、全ての患者さんで、このような状態には仕上げられないのも確かです。
 また、リテーナーは前後左右のズレを防ぐのには有効なのですが、上下的な歯の移動には弱いのです。このため、どうしても押さえきれない事もあります。
 しかし、忘れて欲しくないのは、矯正治療をする前の状態と今の状態を比較してどの程度良くなったかという事が治療効果です。
 これをマルチブラケットによる動的治療終了時と現在を比較して、どのくらい悪くなったかということをメインにお話しされると、マイナスの面ばかりが目立ってしまいます。
 もし、気になる所があれば、積極的に再治療される事をおすすめします。



Re:前歯(上)の移動が気になります
2006年10月13日(金)21:18:27返信者:横から、すみません・・
ご丁寧な回答有難うございました。帰国後、診察の依頼を行なおうと思いますが、その際に追加料金など発生してしまうのでしょうか。又、前歯が前に出てきて噛み合わせが凄く深い場合、再治療の方法としてどのような方法があるのか教えて頂けたら幸いです。宜しくお願い致します。

Re:前歯(上)の移動が気になります
2006年10月15日(日)03:41:09返信者:なお
 ご丁寧にご回答有難うございました。
早いうちに再度矯正歯科で検査してこようと決心がつきました。
 心に思っていた疑問や不安が少し解消しました。
このような掲示板はとても心強いです。
また何か疑問や不安事がある時はまた書き込みをしたいと思います。
 その時もどうぞ宜しくお願い致します。
本当に有難うございました。

回答 Re:前歯(上)の移動が気になります
2006年10月16日(月)12:26:23回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 横からさん、こんにちは!
 料金については、そこそこの先生の考え方でかなり異なりますので、治療される先生におき期になって方が良いと思います。一般的には、やはりある程度の追加料金が発生するのではないでしょうか?これは、医療一般に言えることですが、一旦治ってもまた再発した場合には、無料という事にはならないですよね!
 また、方法も様々です。移動方向や移動量、臼歯も移動の必要があるかどうかで、装置や期間も変わってきます。これも、治療される先生にお聞き下さい。


なおさん、嬉しいお返事ありがとうございます。
 この掲示板は、検査データーや口の中を拝見する訳ではありませんので、一般的な事柄と考え方のお手伝い、担当医とより上手くコミニュケーションできるよにアテンドすることしかできません。このため、少し間違っている事もあるかも知れませんが、少しでもお役に立てて嬉しいです。また、ご質問ありましたら、書き込みお待ちしております。



削除するメッセージにチェックを入れて パスワードを入力して「削除する」を押してください

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55
現在42ページ目を表示しています

Copyright (C) ドクターぷらざ矯正歯科サーチ All Rights Reserved
www.dp-kyousei.net