ドクターぷらざ矯正歯科サーチ歯列矯正情報 ドクターぷらざ矯正歯科サーチ

 マルチブラケット 

キーワードで検索
一覧から探す
歯並びの話
乳歯と永久歯の名称と
永久歯への生え変わり
歯並びが悪くなる原因
不正咬合のケース
叢生(乱杭歯)
上顎前突(出っ歯)
下顎前突と反対咬合
開咬(上下の隙間)
過蓋咬合
顎偏位(左右のずれ)
空隙歯列(すきっ歯)
交叉咬合(すれ違い)
永久歯の先天的欠如
埋伏歯
歯列矯正の装置
マルチブラケット
ユーティリティーアーチ
リテーナー(保定装置)
クオドヘリックス
ヘッドギア(1)
ヘッドギア(2)
MPA+チンキャップ
側方拡大装置(1)
側方拡大装置(2)
歯の健康
dr-plaza.net
むし歯
むし歯の原因は?
むし歯の治療
むし歯の予防
歯髄の炎症と治療
歯周病
歯周病とは?
歯周病の治療
歯周病の予防
詰め物・被せ物
つめもの・かぶせもの
コア(土台)
義歯
インプラント
入れ歯・ブリッジ
審美治療
ホワイトニング
口臭
口臭の予防と治療
矯正装置マルチブラケットユーティリティーアーチリテーナークオドヘリックス
ヘッドギア(Hi-pull type)ヘッドギア(cervial-pull type)上顎前方牽引装置+チンキャプ(MPA)
上顎急速側方拡大装置(プレートタイプ)上顎急速側方拡大装置(スケルトンタイプ)
監修・資料提供:ウイズ矯正歯科

▼ 装置の目的=マルチブラケット=

・マルチブラケットは矯正治療を行うほとんどの方が使用する装置で、矯正治療を言えば、思い浮かべるあの装置です。 この装置はおのおのの歯をワイヤーで連結して、3次元的に歯の移動を行います。 ほとんどの永久歯が生えそろう小学校6年生以降ですべての永久歯を対象としています。

▼ 装置の仕組みと使用方法=マルチブラケット=

・マルチブラケットは1本1本の歯に体に害のない歯科専用の接着材で装着された金属製または合成樹脂性のブラケットと金属製のバンド、そのバンドに溶接されたチューブ、そして取り替え自由な歯を移動するための矯正線(ワイヤー)、このブラケットとワイヤーを固定するための結紮線(けっさつせん:リガチャーワイヤー)からできています。この装置は自分で取り外すことのできるものはありません。

・上記の装置に歯を移動するためのゴム(パワーチェ−ンやパワースレッド)やコイルスプリングが必要に応じて追加されます。

・最も奥の歯はブラケットではなくチューブになっており、このチューブの後ろ側から出ているワイヤーをエンドと言います。この部分は周囲の歯茎や口腔粘膜を刺激しないように歯茎側へしっかりと曲げてあります。
マルチブラケットの仕組み

奥歯のチューブとワイヤーエンド

ブラケットとワイヤーの結紮

▼ 注意事項=マルチブラケット=

・ハブラシ
・歯磨きに注意してください。この装置を歯に装着すると、装着していなかった時より歯が磨きにくくなります。矯正装置を装着している人専用の中央部が山形になったハブラシを使用し、ワイヤーの上下に分けて、毛先をワイヤーの下に入れるように一本一本丁寧に磨いてください。

・歯磨き
・歯を磨く時に歯磨き剤を使用すると口の中がすぐに泡だらけになって、磨けているかどうか確認しずらくなりますので、最初は使用しないでください。鏡できちんと磨けているかどうか確認しながら磨きましょう。一通り磨けたら、あとは歯磨き剤をつけて普通通りに磨いてかまいません。

・歯が動くときの痛み
・マルチブラケットに最初に装着するワイヤーは、あまり痛くならないように、非常に弱い力(50gから150g程度)の細くて弾力性のある柔らかいものを使用します。しかし、ワイヤーを装着した日から子供で2〜3日、大人では4〜5日の間、最初は歯が浮いた感じがして、数時間後から咬むと歯が痛くなります。これは、歯の移動が開始する時の痛みなので異常なものではありません。大人の方でも1週間以上痛みが続くことはありませんので、安心してください。

・食べ物
・食事の時に痛みがなくなると、色々な物が食べたくなります。しかし、固く大きなセンベイをガリッと咬んだり、大きくて厚い肉をかみ切ったり、豆などのお菓子類を不用意に食べると、ブラケットが歯から外れてしまいます。指でさわるとブラケットがワイヤーの上を左右に動くのでわかります。痛みがなくなったら、食べ物に充分注意してください。もし、ブラケットが外れてしまったら、なるべく早く修理するようにしてください。放置するとはずれた歯が元も位置に戻ってしまいます。

・装置が壊れたら
・歯とブラケットを固定するリガチャーワイヤーやオプションのパワーチェーンなどのゴム類、スプリングなどが外れてします場合があります。この場合には、なるべく早く修理に行くようにしてください。

・ワイヤーが伸びてきたら
・装置を装着したばかりの時はデコボコの歯並びに沿って、ワイヤーもかなり曲がりくねって装着されています。この時、エンドのワイヤーは歯茎側にしっかりと曲げられていますが、歯の移動によって歯並びが真っ直ぐになってくると、この曲がりくねったワイヤーも真っ直ぐに伸びてきます。この余ったワイヤーがエンドから後方へ出てくるわけです。従って、最初はしっかり曲げられていたエンドも、徐々に後方へ伸びて、時々エンドが頬粘膜に当たってチイチクしてくる事があります。この場合にはエンドを切って曲げなおす必要があります。

・ワイヤーが揺れないように
・ブラケットを装着したばかりの時には非常に柔らかいワイヤーが入っています。この時、抜歯した部位や歯にワイヤーを固定していない部分が咬むたびに揺れてしまう事があります。これを繰り返していると、金属の疲労によって、ワイヤーが折れてしまう事があります。ワイヤーの装着後はできるだけ指でワイヤーを揺らしたり、大きく固い食物でワイヤーが揺れないように注意してください。

▼ 緊急事態=マルチブラケット=

・ワイヤーがエンドから脱出したり、折れてしまった場合
最初の柔らかく弾力性のあるワイヤーは、強い力を受けると変形してエンドがチューブから抜けてしまう場合があります。また、ワイヤーが折れてしまう場合もあります。

・奥歯のバンドが浮き上がった感じがしたりカタカタ動く、奥歯の歯茎が痛いような気がする時
この場合はバンドが歯から外れていたり、バンド自体が割れてしまう事があります。 *ブラケットやゴム、スプリングが外れてしまった場合には、自分で修理するのは不可能なので、修理に行くようにしてください。放置するとその月には歯の移動が行われず、最終的に治療が長引いてしまいます。

・ブラケットやリガチャーワイヤー、エンドが唇や頬粘膜に当たって痛い場合
ほとんどの場合にはごく短時間で修正する事がきます。しかし、装置を付けたばかりの時には、慣れていないためにこの様な症状が起こる場合が少なくありません。慣れてしまえば痛みはなくなりますが、それまでの間ブラケットを覆うワックスや頬粘膜にできるいわゆる口内炎(白く噴火口状に盛り上がったのもはアフターという)に対しては塗り薬や貼り薬があります。

矯正装置マルチブラケットユーティリティーアーチリテーナークオドヘリックス
ヘッドギア(Hi-pull type)ヘッドギア(cervial-pull type)上顎前方牽引装置+チンキャプ(MPA)
上顎急速側方拡大装置(プレートタイプ)上顎急速側方拡大装置(スケルトンタイプ)


Copyright (C) ドクターぷらざ矯正歯科サーチ All Rights Reserved
www.dp-kyousei.net