ドクターぷらざ矯正歯科サーチ歯列矯正情報 ドクターぷらざ矯正歯科サーチ

 ヘッドギアー(サービカルプルタイプ) 

キーワードで検索
一覧から探す
歯並びの話
乳歯と永久歯の名称と
永久歯への生え変わり
歯並びが悪くなる原因
不正咬合のケース
叢生(乱杭歯)
上顎前突(出っ歯)
下顎前突と反対咬合
開咬(上下の隙間)
過蓋咬合
顎偏位(左右のずれ)
空隙歯列(すきっ歯)
交叉咬合(すれ違い)
永久歯の先天的欠如
埋伏歯
歯列矯正の装置
マルチブラケット
ユーティリティーアーチ
リテーナー(保定装置)
クオドヘリックス
ヘッドギア(1)
ヘッドギア(2)
MPA+チンキャップ
側方拡大装置(1)
側方拡大装置(2)
歯の健康
dr-plaza.net
むし歯
むし歯の原因は?
むし歯の治療
むし歯の予防
歯髄の炎症と治療
歯周病
歯周病とは?
歯周病の治療
歯周病の予防
詰め物・被せ物
つめもの・かぶせもの
コア(土台)
義歯
インプラント
入れ歯・ブリッジ
審美治療
ホワイトニング
口臭
口臭の予防と治療
矯正歯科マルチブラケットユーティリティーアーチリテーナークオドヘリックス
ヘッドギア(Hi-pull type)ヘッドギア(cervial-pull type)上顎前方牽引装置+チンキャプ(MPA)
上顎急速側方拡大装置(プレートタイプ)上顎急速側方拡大装置(スケルトンタイプ)
監修・資料提供:ウイズ矯正歯科

▼ 装置の目的=ヘッドギアー(サービカルプルタイプ)=

・この装置は上下のあごの位置のコントロール、上の奥歯の後退、さらにマルチブラケット治療中の奥歯の固定に使用される装置です。子供の場合は小学校低学年から使用する場合もあります。また、全体の歯並びを治す際に上の前歯を最大限後退する必要のある患者様にはマルチブラケットと併用されることが多い装置です。従って、当院では患者様の同意があれば大人でも使用する場合がります。見た目は良いとは言えませんが、その効果は一生懸命に使っていただければ非常に高いものがあります。症状によっては、初診時には歯を抜いて治さなければならないほど症状の重い方でも、この装置により歯を抜かないで治療できる場合もあり、見た目や装着感などの欠点に勝る効果を持った装置です。
ヘッドギアー(ハイプルタイプ)との違いは奥歯やあごを引く方向が異なるため、あごの形によって使い分けます。
ヘッドギア(サービカルプルタイプ)

▼ 装置の仕組みと使用方法=ヘッドギアー(サービカルプルタイプ)=

・ヘッドギアーは上の奥歯に装着してスプリングの力を伝えるフェースボーと首の後ろのネックストラップとスプリングからできています。口の中には上の奥歯に体に害のない歯科専用の接着材で装着された金属製のバンドが装着されています。この口の中の装置は自分で取り外すことはできません。しかし、フェースボーとネックバンドの部分は取り外す事ができます。
・フェースボーは装着する時には必ず、左右とも口の中に入れて、上の奥歯と前歯を結ぶ線と平行に構えてください。 片方がチューブに入るとその反対側も、だいたいちょうど良い位置に来るように調節してあります。後は指でインナーボーの部分をやや内側へ押し込む様にしてチューブの中に入れてください。
・フェースボーを奥歯からはずす時に、乱暴に扱うとバンドが歯から外れてしまうので、丁寧に真っ直ぐに前方へ引き抜いてください。
・14時間きちんとやらないとなかなか効果があがりません。最低12時間以上は使用しましょう。
・学校や塾、習いものに行く時や友達が家に遊びに来た時には外してもかまいません。しかし、それ以外で、家にいる 時にはこまめに使用してください。また、食事時の時やお風呂に入る時、歯を磨く時にもはずしてください。
ヘッドギアーの仕組み

ヘッドギアとユーティリティーアーチの併用

▼ 注意事項=ヘッドギアー(サービカルプルタイプ)=

スポーツをするときは
・スポーツをする時やケンカになった時には必ずはずしてください。これらの時に装着したままだと、ふいに装置に外力が加わってフェースボーが外れた場合、これが患者さん本人の口の中や目、また相手に当たって怪我をする危険があります。
フェイスボーを外すときは
・フェイスボーを外す際には、左右どちらかの留め具をはずせば、簡単に前方へ引き抜く事ができます。絶対にフェイスボー全体を持って両方の奥歯から左右いっぺんに引き抜き、服を脱ぐ要領で上へ持ち上げて外すのは止めてください。途中でひっかかったりすると、奥歯に差し込む部分のハリガネが目に入って非常に危険です。
時間表
・時間表をしっかりつけてください。時間表をきちんとつけなかったり、ウソを書くと治療上の支障となります。例えば、ヘッドギアーによる歯や顎の移動が順調に進まない時に、単に装置を充分使用していないだけなのか、装置の力の強さや方向、装置のタイプが適合していないのか解らなくなってしまいます。ある程度の時間、装置を装着しているのに、効果が現れない場合には、装置の力の強さや方向の調節が必要です。しかし、時間表をきちんとつけていないと、どの程度の調整が必要なのか、このままで良いのかわからなくなってしまいます。
思わぬハプニング
・装置を装着している間は家の中でぶら下がっているのもに注意して下さい。例えば、ノレンやレースのカーテン、照明器具のヒモなどです。これらにヘッドギアーのフェースボーのフックの部分がひっかかって思わぬハプニングになる事があります。

▼ 緊急事態=ヘッドギアー(サービカルプルタイプ)=

・装着してから奥歯が痛い
装着した日から3〜4日、奥歯が痛いことがあります。これは、歯の移動が開始する時の痛みなので異常なものではありません。4〜5日後には装置をつけても全く痛くなくなりますので安心してください。ヘッドギアーの場合は、夜間に多く装着するので、朝食の時に痛い事が多いようです。

・フェースボーが変形したり、うまくチューブに入らなくなった
 自分で修理しようと思わずに必ず修理に行ってください。自分で曲げたりするとさらにひどく変形してしまったり、金属が疲労して折れたり、あとで折れやすくなったりする事があります。

・奥歯のバンドが浮き上がった感じがしたり、カタカタ動く、奥歯の歯茎が痛いような気がする時
この場合はバンドが歯から外れていたり、バンド自体が割れている事があります。このままヘッドギアーを装着するとさらにひどく壊れてしまう事がありますので、一旦装置の使用を中止してドクターに連絡してください。

矯正歯科マルチブラケットユーティリティーアーチリテーナークオドヘリックス
ヘッドギア(Hi-pull type)ヘッドギア(cervial-pull type)上顎前方牽引装置+チンキャプ(MPA)
上顎急速側方拡大装置(プレートタイプ)上顎急速側方拡大装置(スケルトンタイプ)


Copyright (C) ドクターぷらざ矯正歯科サーチ All Rights Reserved
www.dp-kyousei.net